イラスト&マンガ創作資料館
イラストや漫画を描く時に参考になる本・資料・技法書を紹介しています。着物・文様・レトロな雑貨の写真集多め。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/01/31(木)   CATEGORY: 文様・図案
江戸千代紙
江戸千代紙とは名前の通り、江戸で作られた千代紙のことです。

元々京都の上流階級で広まった京千代紙が
江戸に伝わり、庶民に広まったそうな。

江戸千代紙の柄は、さすが江戸っ子ならではの
粋で洒落た色使いやデザインが多くてステキです。

江戸千代紙
江戸千代紙
おすすめ度 ★★★★☆

文庫サイズながら、フルカラーで掲載された図版が見ごたえ充分。

老舗「いせ辰」の解読のもとに、
江戸千代紙の秘蔵資料が豊富に収載されています。

鮮やかな色使いと、遊び心のあるデザインに
当時の江戸の人々のセンスがキラリと光っています。


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
これぞレトロモダン!高畠華宵の世界
大正末から昭和初期にかけて大活躍した挿絵画家、高畠華宵。

彼の麗しい数々の作品に併せて
絵同様、生活スタイルにもこだわった華宵の生き様が文章でも楽しめる、
まさに華宵ファンにはたまらない一冊です。

色鮮やかな銘仙に身を包み、
艶めかしい視線でポーズをきめる美少女たちにクラクラ~。
華宵の描く女性達(もちろん男性も)は、指の先まで美しい!

高畠華宵 (らんぷの本)
高畠華宵 (らんぷの本)
おすすめ度★★★★★

華宵作品に登場する美少女たちの和装&洋装は、どれもステキ。
さすが当時のファッションリーダーですね。

個人的に、”耳隠し”というヘアスタイルが好きです。
顔にフィットしたゆるやかウェーブはなんともおしゃれで色っぽい。

同じ着物の柄を二度と描かなかったことでも有名で、
確かに一点一点、着物も帯も全てのデザインが違います。スゴイ!

西洋風のバラ模様を着物の柄に描いたり、
着物をワンピースのように着こなした和洋折衷スタイルにしちゃったり。
華宵の斬新な発想は、きっと当時は相当センセーショナルだったのでは。

後ろ髪を刈り上げた断髪に深々とかぶったクロッシェ帽。
ローウェストワンピース姿の洋装スタイルもステキです。
これぞ大正ロマン&昭和モダン。

美しい生活が出来てこそいい作品が描けるのだと、
生活にもかなりコダワリを持っていた華宵。

大人気画家だけに画料も相当な額だったようで、
それが原因でモメて、しばらくの間某出版社から去ることになったりと
生き方もやはり芸術家らしい(笑)

鎌倉に華宵御殿なる豪邸を新築し、
毛皮の敷物、エジプト煙草、豪華なシャンデリアなどの調度品を揃え
それはもうゴージャスな暮らしぶりだったようです。

そのこだわりがあったからこそ、
あの匂い立つような、甘美な世界観を表すことができたのでしょうね。


▼関連記事・・・大正から昭和にかけて活躍した挿絵画家たち
昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術
蕗谷虹児
小林かいちの世界
中原淳一きもの読本

▼いつの時代も大人気の華宵。本もたくさん出ています。
華宵のおしゃれ教室―麗し乙女のロマンチック・バイブル (らんぷの本) prints (プリンツ) 21 2008年秋号 特集・高畠華宵 [雑誌]

▼華宵の描く美少年は、ちょっと痛々しいような…(笑)
昭和美少年手帖 (らんぷの本) 高畠華宵・美少年図鑑 (コロナ・ブックス)
[ TB*0 | CO*0 ] page top
イラストで見る日本のファッション史
1900~2000年代の日本のファッションの移り変わりがこの一冊で味わえる!
(1899年まではひとまとめにちょこっと掲載あり。)

100年以上のファッションの歴史を一冊にまとめているだけに
それぞれの点数は少なめですが、時代の流行をおさえたファッションが
400点ものイラストでダーーーッと紹介されています。

前半部分にイラストが、後半は文章という構成。
・イラストで見る日本のファッション
・日本の流行色一覧
・日本の流行色解説
・日本のファッション解説
・日本のファッション年表

日本のファッション 明治・大正・昭和・平成
日本のファッション 明治・大正・昭和・平成
おすすめ度 ★★★★★

西洋文化を取り入れて、着物から洋服主流になっていく日本のファッション。
モボ・モガ、アイビー、モッズ、ヒッピー、ボディコン、渋カジ、コギャルなど
耳慣れた(そうでもない?)当時のトレンドスタイルが満載です。

50年代にマリン・ルックでキメた太陽族は、
石原慎太郎&裕次郎さん世代の方には有名なのかな。
80年代に流行った紺ブレ+セカンドバッグスタイルや
原宿のホコ天に出現した竹の子族は懐かしすぎる!(笑)

個人的には、1920~60年代の
レトロモダンなファッションが一番好きです。

ボリューム満点なイラストページが終了すると、後半は文章メイン。
日本の流行色一覧として、色と名称が載っています。
和色って、名称がステキですよね。

明治維新の文明開化とともに
西洋文明の波が押し寄せた後も、流行の名残があったという
柳鼠、梅鼠、利休鼠など ”鼠” のつく名称の色が渋くてステキ~。

日本のファッション解説と年表では、
当時の社会情勢と流行したファッションを簡単に説明しています。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/01/20(日)   CATEGORY: 文様・図案
粋な柄、小紋文様
小紋とは 「繰り返し柄付けされた模様」 のことをいい、
模様の大きさに関わらず、ひと口に 「小紋」 と呼びます。

江戸時代初期、武家の裃(かみしも)に小紋文様が用いられ、型染による小紋が発達し
それを町民がポップにアレンジ。面白い小紋文様が次々に生み出されます。

小紋文様 (伝統の染織工芸意匠集 1) 』 は、伝承文様にはじまり
江戸時代後期に山東京伝が描いたパロディ小紋 「小紋雅話」 や
葛飾北斎が創作した 「北斎模様」 を著者が独自に復刻、再現。

近代~現代に彫られた伊勢型文様をモチーフにした伊勢小紋や
現代の創作小紋まで、著者のところで染めた小紋文様の数々を紹介しています。

小紋文様の写真の横には意味や由来が添えられています。
色違いで数パターン染めたものもあり。

小紋文様 (伝統の染織工芸意匠集 1)
小紋文様 (伝統の染織工芸意匠集 1)
おすすめ度 ★★★★★

【第一章 伝承文様】
「和柄」 と称される伝承文様の中には
飛鳥・奈良時代に海外から渡来したものも多いとか。
日本と海外でそれぞれ作り出された模様が混ざり合い、
日本の文化になっていったのですね。

小紋の伝承文様のおおまかな柄の分類として、
規則正しく図案が構成された 「割付」、不規則に散らされた 「散らし」、
錐彫り・縞彫り・道具彫りで彫られた伊勢型紙を用いて型付けされた 「伊勢小紋」、
歌舞伎役者にも大流行した 「歌舞伎模様」 などがあります。

どれも美しいのですが、中でも伊勢小紋の繊細さは、まさに職人技!


【第二章 山東京伝 「小紋雅話」】
音の似た言葉に置き換える 「地口(じぐち)」 「もじり」、
似ていない、もしくは全く無関係なもの同士を関連付ける 「見立」
などを用いて考えられたパロディー小紋図案集 「小紋雅話」。

これは面白い!思わずぷぷぷと笑っちゃう和み系小紋文様かと思いきや、奥が深い。
アレとコレを合わせちゃうなんてスゴイ!と感心しちゃいます。

一見鶴のようで、実は ”本田髷” を上から見た図になっていたり、
平仮名の ”い” と ”し” を組み合わせて藤の花を表した ”いとし藤” など、
洒落の効いた面白文様がいっぱいです。


【第三章 北斎模様 「新形小紋帳」 より】
こちらは 「小紋雅話」 とは正反対の生真面目さ。
定規を使ってぴしっと描きました!的な北斎考案の、
精密な幾何学文様が描かれた絵手本の図案を元に染められています。


【第四章 近代・現代の創作小紋】
ラストは伊勢型小紋をモチーフに昭和から平成にかけて 「創作した小紋」 と
江戸時代に山東京伝が 「小紋雅話」 で行った 「見立」 を
現代におきかえて遊んだ小紋文様を紹介しています。

お酒のグラスやスポーツ用具が組み合わされた面白文様がステキ。
ワンピースに仕立ててもかわいいんじゃないかな~。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
ゆかたで爽やかに。
かわいい柄のゆかたがいっぱい!

モードになり過ぎず、かといって地味でもなく。
優しいパステルトーンからはっきりした色合いまで、
どのゆかたの柄も帯もセンスがよくてステキです。

髪型も自分で出来そうなものばかり。
モデルさんのポーズも自然で爽やか。
ゆかた(着物)姿の女の子ポーズ集としても重宝しています♪

ゆかた通信 愛されゆかた (ゆかた通信)
ゆかた通信 愛されゆかた (ゆかた通信)
おすすめ度 ★★★★☆

全体的に表紙の女の子が着ているような大きな花柄のゆかたが多め。
細かい柄も好きですが、大きな柄ってレトロモダンなムード満載でステキです。

ページ数はちょっと少なめの薄い本ですが
写真が大きくゆったりしたレイアウトが見やすいです。

着つけの他に、簡単な帯結びがいくつか載っています。
文庫結び、バラ文庫、貝の口、蓮の花結び、フラットリボン結び、
中には角だしセレブ結びなんて面白い名前のついた帯結びも。

ゆかたの名称と必要小物、ケアの仕方など簡単な説明も巻末にあり。


▼関連記事
KIMONO姫 8 はじめましてユカタ編
[ TB*0 | CO*0 ] page top
昭和の香り漂う、レトロでかわいいイラストたち
レトロコレクター、宇山あゆみさんのコレクションの中から
昭和30~50年代の生地、折り紙、包装紙などプリント柄を集めて紹介。

まず表紙のバンビちゃんにやられました!
かわいい~。懐かしい~。

中を開けば赤や黄色のビビッドカラー地に、大きな瞳の愛くるしい動物たち。
そうそう。こういう柄の布団使ってたよなぁ、なんて
ノスタルジックな思いに浸っちゃいます。

想い出プリント大百科
想い出プリント大百科
おすすめ度★★★★★

しかしこのバンビちゃん、実は作者不明だそうです。びっくり。

昔は生地にメーカー名さえ印刷されていなかったそうで。
うーん。これだけ有名な絵柄なのに作者不明なのか。。。
まるで万葉集の詠み人知らずみたいだな~、とちょっと話が逸れましたが。

子供用の布団、着物、洋服に使われていた生地には
暗い夜でも安心して寝られるように、かわいい動物たちの柄が多かったようです。

男の子用の着物は、ブルーやグリーン、茶系をベースに
かわいいイラストが描かれていながらも、ちょっとシックなデザイン。
なかなか渋いです。

70年代後半は、キャラクターグッズの流行と共に
生地の世界もよりイラストタッチな柄が多くなっていきます。

折り紙や包装紙にも、フルーツ、動物、人気アニメキャラクターが描かれた
レトロかわいいイラストがいっぱい!

女のコなら一度ははまった(であろう)折り紙交換。
お気に入りで手放せなかったキレイな柄とかあったなー。
あまりにかわいい柄だと、折るのも人にあげるのも出来ないんですよね。

全般的に、当時は今ほど著作権うんぬんにうるさくなかったようで、
オリジナルを勝手にアレンジしたヘンなキャラクター(笑)や
各会社のオリジナリティを発揮しているものが多くて面白いです。

人気アニメ・漫画のキャラを使ったと思われる柄も、なんだかへんてこ。
太ってたり痩せてたり、中には微妙を通り越して顔が全く似てないものも(笑)

それにしても、ビビッドな色合いながらもどこか落ち着いた雰囲気のある
昭和のデザインってステキ。
包装紙に使われていたレトロなフォントも味があります。

懐かしい写真とともに語られるコラムの中に
縁日で売っていたおもちゃの日傘やでんぐりの写真が載っているのにも感動!
こういうおもちゃ、今でもあるのかな。


▼関連記事
麗しのポーズ人形
[ TB*0 | CO*0 ] page top
ロリータファッションの着こなしを知るには。
表紙が黒いのでかなりダークなイメージなのかな?と思いきや、そうでもないです。
ロリータ衣装道楽 2 』 に比べると、ちょっと渋めな配色という印象ですが。
相変わらずグラビアページがステキ。

ロリータ 衣装道楽 (マーブルブックス)
ロリータ 衣装道楽 (マーブルブックス)
おすすめ度 ★★★★☆

スカートやパニエ(スカートのシルエットを引き立てるためのアンダースカート)など
ロリータファッションの基本となる各パーツの説明とコーディネートの仕方が載っています。
服の構造が分かるとイラストも描きやすいので勉強になりました。

よく使われるパターンや素材の説明があるのも嬉しい。

内容は初心者さん向けかな、と思うので
ロリータファッションに精通している方にはちょっと物足りないかも?
イラストの資料として探していた私にはありがたい本でした♪

ところで、今回関連記事をネット検索していて気づいたのですが
ロリータにも色々種類があるんですね。
ウィキペディアのゴシック・アンド・ロリータの説明は参考になりました。
ロリータとゴスロリの違いが分かりやすい!


▼関連記事
ロリータ衣装道楽 2
[ TB*0 | CO*0 ] page top
お部屋で楽しむロリータファッション
ロリータ衣装道楽 』 シリーズの第二弾。
ふりふりレースやドレス姿のかわいい女の子イラストを描きたいな、と
ロリータ系の本をいくつかチェックしていて見つけました。

”部屋着とアンダーウェア、贅沢な一週間。” という副題の通り
家の中で楽しむロリータファッションが紹介されています。

ロリータ 衣装道楽II For Relax (マーブルブックス)
ロリータ 衣装道楽II For Relax (マーブルブックス)
おすすめ度 ★★★★★

表紙からしてとってもラブリー!
グラビアページがとにかくおしゃれでステキです。

ヒラヒラのレースやリボンをたっぷり使ったファッションに
凝ったデザインのレトロな調度品の数々。
ピンクに白に薄いブルーなど、ふわっとした色使いを基調とした
やわらかい、いかにも”女の子”という雰囲気が満載です。

くるくるカールにコケティッシュな表情のモデルさんも愛らしく
どのページを開いても、かわいい~ステキ~の連発!

また読み物部分では、天蓋付きベッドや猫足バスタブ、ドレッサーなど
ロマンティックなロココ調インテリアをイラスト付きで紹介。
風俗、文化、プライベート・タイムをより楽しく過ごすためのアイデア
(スコーンの簡単なレシピなど)なんかも書かれています。


▼関連記事
ロリータ衣装道楽
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © イラスト&マンガ創作資料館. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。