FC2ブログ
イラスト&マンガ創作資料館
イラストや漫画を描く時に参考になる本・資料・技法書を紹介しています。着物・文様・レトロな雑貨の写真集多め。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
平成着物図鑑
小難しいことは抜きに、着物の愉しみ方を教えてくれる本です。

平成着物図鑑
平成着物図鑑
おすすめ度★★★★☆

奇抜過ぎないコーディネートで、
普段からさらりと着物を着こなしている、著者の君野倫子さん。
帯止め飾り、かんざし、根付け、バッグ、ショールなど
彼女が日頃愛用しているかわいい小物たちがたくさん掲載されています。

たびっくす(足袋型ソックス)や爪皮(雨や寒さ防止の下駄カバー)など
面白かわいいグッズは、眺めているだけでウキウキしちゃいます♪
入手先の店名や、お気に入りショップの紹介も多いのが嬉しい。
ネットオークションや雑貨店で手に入れたリーズナブルなものもあります。
和モノが好きな人なら、この本を眺めているだけでも楽しいはず!

着物と帯の合わせ方や、どんなバッグを持たせたらかわいいかな、など
着物イラストを描く時に、コーディネートの参考になります♪

和洋折衷のステキコーディネートの数々は
着物も全然堅苦しくないんだな、と思わせてくれます。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/07/12(木)   CATEGORY: 妖精
シェイクスピアの花園
1906年に出版されたウォルター・クレインの絵本を完全復刻!
本のカバー、ページ下、巻末の解説ページに日本語表記はあるものの
中身とカバー下の表紙&裏表紙は原本のまま完全復刻されているのが嬉しい♪

シェイクスピアの花園
シェイクスピアの花園
おすすめ度★★★★★

ウォルター・クレインの描くはかなげで美しい妖精たちと
味のあるフォントで綴られた文字、ちょっと黄ばんだような紙の色。
あえて原本のまま、ページ番号が右上に来ているのも面白い。
各ページ下に添えられた日本語訳もうるさくなく
当時の雰囲気を存分に堪能できます。

シェイクスピアの戯曲に登場する植物で造られた特別の庭を
『 シェイクスピアの庭 』 と呼び、
現在もヨーロッパやアメリカで、市民に親しまれているそうな。
私は正直、シェイクスピアは全く分からない(汗)のですが、
英国黄金時代の挿絵画家の代表ともいえるウォルター・クレインの
ステキなイラストに惹かれて、この本を購入しました。

花びらや葉をモチーフにしたコスチュームに包まれた
美しい花の妖精たちのイラストは、
時間を忘れていつまでも眺めていたいほどステキです。

マール社の書籍紹介ページで
いくつかのページ見本を拡大画像で見ることができます。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/07/11(水)   CATEGORY: 文様・図案
すぐわかる日本の伝統文様
よくある文様素材集とはちょっと違います。

時代ごとにどんな文様が流行し、何に使われたのかを
写真、イラスト、美術工芸品などを織り交ぜながら
ポイントを押さえて紹介してあるので、読み物として楽しめます。

すぐわかる日本の伝統文様―名品で楽しむ文様の文化
すぐわかる日本の伝統文様―名品で楽しむ文様の文化
おすすめ度★★★★☆

私は今までも文様デザイン集を多く見てきましたが
実はあんまり名称や歴史は気にしていませんでした・・・(汗)
この本を読んで、あぁよく見かけるけどそういう意味だったのね~
と思うことが、いかに多かったか!(笑)

古来の風習や文化、生活から文様は生まれ、時代に則したものに使われる。
たまに洒落のきいた、思わずクスッっとなるような文様もあったりして
当時の方々のセンスはすごいなぁ、と脱帽です。
文様の意味や由来を知りたい方は、読んで損はないと思います。

ただ、よくある素材集のように
デザイン化された文様がずらりと並んでいるワケではないので
この本を素材集として使うには、ちょっと役不足だと思います。
そういう意味で、★4つ。でも内容的にはすごく楽しめました!
[ TB*0 | CO*0 ] page top
アラビアンナイト博物館
「アラビアンナイト大博覧会」(2004/9/9~12/7開催)の図録。

アラビアンナイトの起源や歴史を辿りながら
衣食住をはじめ、様々な資料が大きめの写真で掲載されています。

アラビアンナイト博物館
アラビアンナイト博物館
おすすめ度★★★★★

特に衣装は掲載されている数も多く、マネキンが実際に着用しているので
重ね着した感じや、どこにシワが出来るかなどが分かりやすい!
イラストを描く時、とても参考になります。
写真が大きいので立体的な布地の感触も伝わってくるし、
アクセサリーやベールの巻き方も見やすい。

食事に関しては、アラビアンナイトに登場する描写から
12品の再現を試みたというこだわりよう。
中でもシクバージ、ジールバージャ、サフラン・ライスの3品は
レシピも載っています。

アラビアンナイトに関する世界中の翻訳本の挿絵を集めたページは
ほぼフルカラー(元々モノクロ挿絵もあり)で、見ごたえ充分!
舞台やオペラ、映画などで使用されたポスターも
アラビアンナイトの世界観はそのままに、
その国ごとの特徴(タッチ)が出ていて面白いです。

国立民族学博物館にて、2004/9/9~12/7開催された
「アラビアンナイト大博覧会」 の公式サイトはこちら
[ TB*0 | CO*0 ] page top
ルバイヤート―中世ペルシアで生まれた四行詩集
ペルシアで生まれた4行詩集「ルバイヤート」の
美しい挿絵付き英訳&邦訳本です。

正直、ルバイヤートの中身自体はよく分からない(汗)のですが
あまりに美しい装丁と挿絵に一目惚れして購入しました。

なめらかな細い曲線で細部まで丁寧に描かれた挿絵は
それはもう、タメイキものの美しさです!

ルバイヤート―中世ペルシアで生まれた四行詩集
ルバイヤート―中世ペルシアで生まれた四行詩集
おすすめ度★★★★★

憂いを帯びたエロチックな女性達は、
ちょっと怖くもあり、ロマンチックでもあり。
衣装や装飾小物や背景にいたるまで、
どこまでも細かく描き込まれているのが、とにかくスゴイ。

フルカラーは数えるほどで、ほとんどが単色もしくは
部分的に少しだけ色をつけた挿絵です。
私はどちらかというとフルカラーイラストが好きなのですが
この本を見てから、モノクロ画っていいな、と思うようになりました。

見開きで英訳&邦訳の詩と挿絵が展開する本編が終わると、
後ろには詳細な訳注と作品の解説が収録されています。

ルバイヤートが分からなくても、画集として眺めているだけで
充分楽しめる本だと思います。
もちろん、ルバイヤートに興味があれば、より楽しめるはず!
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © イラスト&マンガ創作資料館. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。