イラスト&マンガ創作資料館
イラストや漫画を描く時に参考になる本・資料・技法書を紹介しています。着物・文様・レトロな雑貨の写真集多め。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/09/11(木)   CATEGORY: CGソフト技法書
フリーの高機能ペイントソフト 『Pixia』 の解説書。
フリーソフトでありながら超高機能なペイントツール、Pixia。
ずいぶん前(7~8年くらい前?)に
一度Pixiaの解説書が出版されていたと思いますが、
それ以降は全然見かけませんでした。

が、先日本屋さんでこんな本を発見!

はじめてのPixia―無料で使える高機能ペイントツール (I/O BOOKS)
はじめてのPixia―無料で使える高機能ペイントツール (I/O BOOKS)
おすすめ度★★★☆☆

巻頭のカラーページでは
Pixiaの大まかな機能(こんなことができます~的な)を紹介。
それ以降のメインページは全てモノクロです。

各種パネルやレイヤーの構造など基本機能の説明から始まり
写真の補正加工、ベジェ曲線で絵を描く、スキャナで取り込んだ下絵を塗る、
ちょっとした葉書やバナーなどの制作方法が載っています。

が、説明はあくまでさらっと、さわりくらい。

特に詳しく用語の説明があるわけでもなく、
淡々とこの機能はコレコレこうです~と進んでいくので
とりあえず操作はその通りにやれば出来るけれど意味はヨクワカラン、と
初心者さんにはちょいキビシイ部分があるかも?

巷でよく見かけるイラレやフォトショのリファレンス本に目が慣れていると
え?と思うかもしれません(爆)
とはいえフリーソフトの解説書を出版してくれるのはやっぱり嬉しい♪

また、Pixia愛用者さんは基本的にイラスト描きさんが多いと思うのですが
イラストメイキング本ではありませんのでご注意を。

付録のCD-ROMにはPixia本体とサンプルファイルが収録されています。


出版社様のオフィシャルサイトにて目次と中身を少しだけ確認できます~。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © イラスト&マンガ創作資料館. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。