イラスト&マンガ創作資料館
イラストや漫画を描く時に参考になる本・資料・技法書を紹介しています。着物・文様・レトロな雑貨の写真集多め。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/10/06(月)   CATEGORY: 技法書・参考書
写真の本で構図の勉強
限られた大きさの中でバシッと決まった構図を描きたい。
そんな時はカメラの本をよくチェックします。

構図で決めよう!上手な写真の狙い方―15の被写体別で構図の基本がわかる! (GAKKEN CAMERA MOOK―CAPA撮影術シリーズ)
構図で決めよう!上手な写真の狙い方―15の被写体別で構図の基本がわかる! (GAKKEN CAMERA MOOK―CAPA撮影術シリーズ)
おすすめ度★★★★☆

「風景写真の14の基本構図」がとっても分かりやすいです!
もっとも基本的な3分割法(画面を9つに区切って考える)をベースに
花・高原・雪など15の被写体を用いて、構図を分析&説明しています。

風景のどこを切り取ってカメラに写し取ればよいか、という
フレーミング実践例が説明してあるのも嬉しい。

★4つなのは、風景写真の構図の説明だけなので。
できれば人物を配置した写真やポートレートの撮り方も見たかったな~。
でも9分割の考え方を用いて色々とアレンジできそうだし、
構図を勉強するには素晴らしい本だと思います♪
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/08/30(土)   CATEGORY: 技法書・参考書
パースを一から勉強する
イラストを描くにあたり、多少なりとも必要になってくるパースの知識。
でもパースって、何やら難しくてヨクワカラナイ。
そんなパース初心者さん向けです。

パース塾―画力がメキメキUPする!いちばん簡単な遠近法講座 イラスト・漫画・風景画、すべて
パース塾 2 実践編―画力がメキメキUPする!いちばん簡単な遠近法講座 (2)
パース塾―画力がメキメキUPする!いちばん簡単な遠近法講座 イラスト・漫画・風景画、すべて パース塾 2 実践編―画力がメキメキUPする!いちばん簡単な遠近法講座 (2)
おすすめ度★★★★★

言葉の選び方や例えができるだけ易しく書かれているので
すんなり入れて、読みやすいです。

ほんっとにゼロの状態から始まるので、
ちょっとでもパースの知識のある方なら
そんなこと知ってるよ、と思うところもあるとは思います。

が、パースとは何たるかが順を追って丁寧に書かれているし、
後半は実際に描いて覚える形式になっているのでとてもわかりやすいです。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/08/11(月)   CATEGORY: 技法書・参考書
わかりやすくて役に立つ、イラスト&コミックハウツー本
これはスゴイ!
コミック&アニメの月刊情報誌 『 Fanroad(ファンロード)』 に連載中の
人気コーナーを一冊にまとめた、イラスト&コミック描きさん向けのハウツー本です。

表紙に ”わかりやすくてホントに役に立つ!” と書かれている通り、
今まで読んだ技法書系の中でもダントツにわかりやすい!

イラスト&コミックハウツー研究室 基礎編
イラスト&コミックハウツー研究室 基礎編
おすすめ度★★★★★

キャラクターの身体や手足などパーツの描き方から始まり、横向き、座りポーズ、
寝姿、男女や年齢による体形の違い、服のシワなどを描く時のコツが満載。
基本を押さえたうえで、どうしたら ”それらしく描ける(見える)” かが、
とても丁寧に説明されています。

パースについても少し触れていて、そんなに難しく考えなくても
ちょっと気をつければそれらしく見えるよ、的にさらっと描いてあるのが嬉しい♪

人物はなんとなく描けているのにどこかヘン…って思う時ってありませんか?
私はしょっちゅうなんですけど(苦笑)、どこをどう直したらいいのかよくわからなくて
結局あいまいなまま ”完成” させちゃったりするのですが。(←ダメじゃん!汗)
この本を読んで 「なるほど!」 と納得することが多かったです。

100円均一で揃えた安価な画材で絵を描いてみたり、
モノクロ絵をカッターで修正する方法を説明したページも面白い♪
トーンの貼り方&削り方の技術も勉強になります。
私は漫画は描かないのですが、
コミックを描くうえでの注意点なんかも楽しく読めました。

”イラスト&コミック” のハウツー本となっていますが
漫画チックな絵とは遠いタイプのイラストを描かれる方でも
ためになることが多いんじゃないかな。
従来の人体デッサン関連本は何かと難しくてイマイチ理解できなかった、
なんて方にもオススメです。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/30(水)   CATEGORY: 技法書・参考書
人物画を描く時の参考に
人体解剖所や美術書、デッサン技法書など
人物画を目的とした本は多数出ていますが、どれも難しくてちょっと敷居が高い。
この本はお手軽感があり、初心者でも入りやすいです。

基本はかんたん人物画
基本はかんたん人物画
おすすめ度★★★☆☆

ただし 『これ一冊を読めばかんたんに人物画が描ける!』
と言い切れるようなものではないかな。
あっさりした説明は読みやすいのですが、
もうちょっと仕上げるまでの途中過程の見本があればより嬉しい。

とはいえ、人体の全体を四角い箱に入れたり、
ハリガネ人形でバランスを考える方法はわかりやすい。
男女の骨格の違いや筋肉の説明、年齢によるプロポーションの違いも
ふむふむ、とすんなり頭に入ってきます。

立ちポーズ、座りポーズ、寝ポーズ、歩く、走るの他
スポーツをしている姿もあります。
顔や髪など各パーツの描き方にも簡単に触れています。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/19(土)   CATEGORY: 技法書・参考書
マーカー使いさん必見!
コピックやネオピコなどのマーカー使いさんにおすすめの一冊。
大暮維人・峰倉かずや・木下さくら・本仁戻・司淳(敬称略)の
イラストの描き方が、メイキング式に紹介されています。

イラストスタートアップガイドカラーマーカー―こだわりたいアナタのための驚異の着彩テクニック解説書 (Comickersテクニックブック) (Comickersテクニックブック) (Comickersテクニックブック)
イラストスタートアップガイドカラーマーカー―こだわりたいアナタのための驚異の着彩テクニック解説書 (Comickersテクニックブック) (Comickersテクニックブック) (Comickersテクニックブック)
おすすめ度★★★★★

同系色を数本使ってみごとなグラデーションを作り上げたり、
立体感を出していくプロの技はさすがにスゴイ!
豪華な作家さん達がご自分のテクニックを惜しげもなく披露しており、
インタビュー部分もとても勉強になります。

初版は2001年発行ですが、全然古さを感じさせず
今でも充分通用するテクニック満載です。

初心者向けのQ&Aではマーカーの種類、用紙、タッチ、
他の画材との組み合わせなどの説明もあり。

マーカーの魅力は何より手軽なこと。
絵の具やパレットを広げたりしなくてもいいのは嬉しいですよね♪
部屋も散らからないし(笑)

私は主に水性マーカーを使うのですが、
技術的なことはアルコールマーカーとさほど変わりない(と思う)ので
とても参考になりました!
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © イラスト&マンガ創作資料館. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。